国立理系 電気通信大学合格!

国立理系 電気通信大学 情報理工学域に合格!

大学についてまだよく知らない人は「電気通信大学?どこそこ?」で終わってしまう大学かもしれませんが、立派な難関大学です。中途半端な勉強ではまず受かりません。

当初は私立理系で英語の偏差値45、数学 偏差値58、物理 偏差値52からのスタートでした。

浪人するなら国公立には行きたいという進路変更で、見事実現しました!

 

きっかけは親のすすめ

1

入塾したのは4月の頭でした。きっかけは親にすすめられてでした。英語がすごく苦手だった自分にとってこの塾は合ってました。

 

怪しかったけど効率の良さを感じた

2すごくあやしげでした。でも1週間ここの指導を受けて割と効率がよいなと思いました。

 

勉強の仕方について

神保 勉強法版用

 

〈英語〉

自分は単語も全然やっていなかったので、単語、熟語を一からやってました。5月頭位に英文解釈をやりました。ここを真剣にやるかどうかで今後の伸びが変わると思います。その後長文などの問題演習などをやるにつれて、8月最後の模試では全頭記述で偏差値60くらいになりました。そして最終的には英語が一番の武器になりました。

〈数学〉

数学はたくさんのパターンを暗記する事が大事だと思います。結局は応用問題も一部をのぞけばパターンを組み合わせなものです。赤本も早めに解くのが大事です。

〈物理〉

この科目は基礎を人に説明できることが大事です。その後に典型問題などをたくさんこなせば武器になります。

〈化学〉

この科目は物理とは違って暗記が大事です。教科書レベルの問題を理解したらたくさんパターンや化学式を暗記すれば入試で戦えるようになります。

 

人生で一番公平かつ努力が報われるのが大学入試

3大学入試は人生で一番公平でかつ努力がむくわれる機会です。多少本番は運もからみますが、実力があればそんなの関係なくなります。実力を伸ばして受かる可能性を100%にしましょう。

——————————————————-

最後までKくんらしさ溢れる字で体験記を書き上げてくれてありがとう。

Kくんは今年の既卒生の中で1・2を争う努力を見せてくれていました。

お父さんから見てもその頑張りは目を見張るものがあったそうで

「まさか息子が1年間毎日のように塾に通うとは思いませんでした。河合塾、駿台だったらこの結果は無かったと思います。本当にありがとうございました。孫がたくさんいるので良い塾があるって勧めます。笑」

と嬉しいお言葉を頂きました。

苦しいことが多々ある1年間をよく走り抜けました。

合格、本当におめでとう!

関連記事

ページ上部へ戻る