東京理科大学理工学部に逆転合格!朝が苦手なHくんが早起きの達人に!

東京理科大学理工学部
に逆転合格!

【Hくん編!勉強の足跡!】

去年の夏に武田塾に入塾したHくん。

それまでは自宅で勉強をしていましたが、勉強量が足らず、弱点である数学・化学を克服せねばならない状況でした。数学は標準・応用レベルの勉強が出来ておらず、化学は有機の範囲が苦手の範囲でしたね。志望校までの参考書カリキュラムを提示して学習を始めてもらうと、まず化学の有機範囲が基礎の参考書を一気に仕上げ、「重要問題集」レベルまで到達しました。その次は数学です。Hくんは数学を標準問題集レベルまで仕上げてくれています。不明点を整理して特訓に臨み、漠然とした理解では無く、自分が確かに理解出来るまで質問を繰り返し、能動的に特訓に臨んでいた姿が目に焼き付いています。

 

【Hくんの変化とは?】

彼は三者面談で「毎日何時に起きるか?」を決めました。笑 「早起きし続けられたら2週に1度大好きな釣りに行っても良い」という約束をお母さんと一緒に取り交わしました。受験生が釣りー?本当にいいの?と思う方いらっしゃいますが、行動心理学の視点からは「何かを続ける際はご褒美があった方がより達成欲が湧く」ことは証明されているんです。

そもそもあまり勉強しない生徒に「早起きをして勉強もする習慣」を身に着けてもらうのはとても大変なことです。そんな生徒にただ「早起きして勉強しろ」と伝え続けても効果は薄いため、時々このテクニックを使わせていただいています。笑兎にも角にもHくんはこのご褒美作戦が上手くいき、面談の次の日から受験本番まで早起きをして勉強し続けました。

作戦もありましたが、大前提にHくんの勉強に対しての意欲が無ければ続かなかったはずです。最後まで新しい習慣を続けましたね!素晴らしい変化です!そして素晴らしい結果もついてきましたね!合格本当におめでとう!!

関連記事

ページ上部へ戻る