勉強の宝の持ちぐされ

こんにちは!

橋本の大学受験塾・予備校の武田塾です。

 

英語長文の学習において音読って欠かすことのできないものですよね。

試験を受ける時には英語を読みながらスラスラ頭に訳が浮かぶことが目標なはず。黙読をしている時と比べ、音読をすると、長文の理解力は格段に上がります。また、単語の読み飛ばしもなくなります。解釈力が上がるので音読は英語長文の学習とセットのものなのです。

偉そうに書きましたが、こんなことは受験生なら誰でも知ってますよね。

でも、実際音読を学習に取り入れている人って意外と多くはありません。やっぱり面倒くさいのが先行してしまうのでしょうか。

 

今日、塾生の一人も音読指示を出していましたが、よく聞いてみると音読をやっていないことがわかりました( ;∀;)

理由を聞くとやはりめんどくさいということ…( ;∀;)

仕方ないので今日は目の前で音読をしてもらいました。というかしばらくさせます!笑

あ、もちろん女子ではなく男子の生徒です!男子なら恥ずかしいもなにもないので!

 

良い勉強法を知っていてもそれを実際にやっていなければ、意味がありません。もしかしたら今はこんなことをいっている自分も受験生時代同じようなことをしてたかもしれません。皆さんは大丈夫ですか?

英語で言えば音読。模試であれば復習。数学であれば解きなおしの実施。

もし「あ、私もやってないかも・・・」なんて人がいれば今日からやってみては?(^.^)

関連記事

ページ上部へ戻る