物理の勉強法をいかに掴むか

こんにちは!

橋本の大学受験塾、武田塾橋本校です!

 

雨が何連続と続いた10月。

それが終わったかと思いきや台風が2回襲来!

振り返るとなかなかスリリングな月でしたよね。

そんな10月とはうって変わって11月は比較的穏やかな天気が続いています。

寒いのが苦手な私としてはこのままの気温を維持してくれ~と思う秋晴れの今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

今回は理系勢の物理選択者の諸君のために筆をとります。

ここまで物理の勉強をしてきて手ごたえはいかがでしょうか?

「伸びている!」という人もいれば、「うーん、微妙。。」という人もいると思いますし、「まったく伸びてない…オワタ!」の人もいると思います。

勉強をして来なかった人は論外として、勉強していて伸びなかった人はこの時期つらいでしょう。

物理を勉強してて伸びる人と伸びない人の違いは一体なんなんでしょうか。

 

物理は問題集一冊を何周もすればいいってもんじゃない!?

武田塾らしからぬ発言をします。

物理については周回をまず捨てましょう。丁寧に2度目安に周回することが最速で成績を伸ばす秘訣です。

『え?2回でいいんですか?一冊を完璧にする予備校ではないのですか?』

そんな声が聞こえてきます。

もちろん完璧にしてほしいんですが、他の教科の例えば英文法のVintageは周回用参考書です。ですが、物理でそれをやってもあまり点数には結びつきません。

なぜなら、物理は1にも2にも解”することが大切だからです。

もうちょい詳しく説明します。

例えば物理のエッセンスをやるとしましょう。その時、ただ周回して同じ問題を解けるようにしてもほぼ無意味です。

やり方を変えてください。理解が重要なんですから。

どう変えるか。おすすめは解説をノートにまとめていくことです。この時、ポイントは自分の言葉を補いながら勉強していくと良いでしょう。そして後で問題を見て自分のまとめた解説が出てきたらそれは理解したとして良しです。

ここを誤るとまったく点数が伸びないので気をつけてください。

『センターまで70日を切った今、もうそんな時間無いよ、、』

という声が聞こえてきます。

本当にそうでしょうか?

0からの状態ではさすがにけっこう厳しいものがありますが、大半の人がこれまで自分なりに進めてきた参考書なり、予備校の授業なりがあると思います。

数学は調子良いなら、そこを削り物理の勉強に当てましょう!

英語は一日一長文なら物理の時間はあるはずです!

心配しなくても物理は集中して勉強をすれば短期で点数を伸ばせる科目です!これまで理解が薄かったところを深くやるのはそこまで時間を要しません。あ、この期に及んで授業を受けるとかは言わないでくださいよ。笑 自学自習ならできます。

合格したい志望校があるなら今すぐ勉強計画を見直し、残り時間を上記のような勉強にかけてみてください!

絶対点数伸びてきますよ!!頑張って!!

関連記事

ページ上部へ戻る